×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サワダ建築事務所
Sawada Architects&Engineers
tel 072-851-1301
建築面積と延べ床面積の計算

 下図を例に、建築面積と延べ床面積の計算をします。この敷地は、第二種中高層住居専用地域で、建蔽率/容積率の限度が60%/200%の地域と仮定します。尚、ここでは面積計算のみの説明とし、他法規は無視します。

1.建築面積の計算

敷地面積 6.5m×9m=58.5m2  建築面積限度  58.5m2×0.6(60%)=35.1m2

建築面積は、上から見た水平投影面積なので 建築面積:5.4m×6.3m=34.02m2

       34.02m2(建築面積)≦35.1m2(建築面積限度) なのでOK

※通り芯から、出が1m以内のベランダは、建築面積不算入となります。(仮に、この図のベランダの出が1.3mだとしたら、0.3m×5.4m=1.62m2を34.02m2に加える事になり、
合計 35.64m2 で建蔽率オ−バ−になります。

2.延べ床面積の計算

容積率は200%に定められていますが、前面道路が4mなので

    道路幅員4m×0.4(住居系地域係数)=1.6 で容積限度160%で計算します。

    延べ床面積限度 58.5m2(敷地面積)×1.6=93.6m2 になります

・1階床面積
    ここで、住宅に附属している自動車車庫は、特例で、全体の延べ面積の1/5
   を限度として面積に不算入の取り扱いが出来るので、1階床面積は、車庫を除
   いた部分について算出します。(地下室も面積不算入の特例あり)

5.4m×6.3m-2.7m×3m=25.92m2(1階床面積)

・2階床面積(バルコニ−面積不算入(幅2m以下))

5.4m×6.3m-1.8m×0.9m=32.4m2(2階床面積)

・延べ床面積

25.92m2+32.4m2=58.32m2 
     58.32m2(延べ床面積)≦93.6m2(容積限度) なのでOK

 以上のように、建築面積と延べ床面積を計算します。このように建蔽率/容積率が60/200の地域では建蔽率がほぼ限度いっぱいなのに対し、2階建てではたいがい容積が余ります。他法規などの条件を満たせば、3階建ても可能です

パソコン操作の方法 株式投資 健康ダイエット ネットショッピング 旅行の計画
大峰山-世界平和を祈る 大峰山の山伏 お墓参り 大峰山大峯山大嶺山 般若心経
枚方市牧野周辺の不動産 建築相談 日曜大工 敷金トラブル 施工図
木造住宅の耐震診断 建築確認申請 家屋検査 住宅の設計  建築申請memo